ENDLESSブレーキパッドの魅力

ENDLESSブレーキパッドとは

四輪界のスポーツパッドのトップメーカーであり、レーシングチームでもあるエンドレスが、様々なフィールドで得られたブレーキテクノロジーを惜しみなく投入したモーターサイクル用高性能パッドを開発しました。

現在、モーターサイクル用パッドの主流であるシンタードパッド。
その中においてもエンドレスのスーパーハイブリッドシンタードパッドは生い立ちが違います。
それは、ル・マン24時間レースやニュルブルクリンク24時間レースなど、世界の過酷なレースシーンで得られた膨大なデータや最先端のシンタード技術をダイレクトにフィードバックしているからです。
パッドの製作も、長野県佐久市にあるエンドレス技術研究所においてレーシングスタッフの手による徹底した管理のもとで製作されている、こだわりの純国産プレミアムパッドなのです。

2003年、モーターサイクル用パッドの開発が進められ、各メーカー系の有力レーシングチームとのコラボレーションを行い、GP-MONOの様な軽量レーサーから、ハイパワーなJSBマシン、テイストオブフリーランスの様な重量級のマシンなど様々なマシンによってテストが繰り返されました。

特に、急勾配を駆け下りるダウンヒルストレートなど特異なレイアウトを持つツインリンクモテギで真夏に行われていた「もてぎ7時間耐久ロードレース」は「鈴鹿8耐」より遥かにブレーキに厳しいレースでした。
使用されるマシンは、年を追うごとに進化し続けるスーパースポーツ達がベースで、180馬力を超え、300km/hにも届こうかというパフォーマンスを発揮しさらに厳しさに拍車をかけます。
エンドレスはその舞台に「無交換で優勝を狙えるパッド」という高いハードルを掲げ挑戦しました。

モーターサイクル用パッド誕生から わずか1年の2004年にはトップを快走する など優勝争いを演じるまでに開発が進み、2005年には全日本選手権GP-MONOクラスにおいてチャンピオンを獲得!
2006年には、ついにもてぎ7時間耐久レースにおいてオザワR&DチームCBR1000RRによって悲願の無交換による総合優勝を達成 !
レース後のパッドは十分に余力を残す状態で優れた耐久性を証明しました。

その後も様々なカテゴリーのレースで 使用され、好成績を残しています。
また、海外では2009年ロードレースアジア 選手権ST600クラスにおいて チャンピオンパッドに なりました。

2009年のもてぎ7時間耐久レースでは、エンドレス装着車がポールポジションを獲得!
本戦でもエンドレス装着車がSSクラス最多周回数賞を受賞しました。
全日本ロードレース選手権ST600クラスに、前年エンドレスパッドを使用してアジア選手権チャンピオンに輝いたタイ・ヤマハレーシングチームがスポット参戦。
優勝やコースレコードの更新など素晴らしい戦績を残しました。
また、筑波TC-FormulaクラスにおいてOut Run福永大輔選手が「58秒781」のコースレコード更新など、単なる効きの良さで勝負をするレーシングパッドではなく、優れたコントロール性と安定した制動力でタイムを出せるパッドである事を証明して見せました。

そして、2012年。
満を持して全日本ロードレース選手権ST600クラスにタイ・ヤマハレーシングチームが本格参戦。
フル出場を果たしました。
初戦のもてぎでワンツーフィニッシュを飾るとその後も快進撃を続け、筑波大会では、チャラランポン・ポラマイ選手が今なお破られてない「57秒764」という驚異的なコースレコード叩きだし優勝を飾りました。

2012年はエンドレスユーザーのタイ・ヤマハレーシングチームの2人がシーズンを席巻し、デチャー・クライサー選手が見事、シリーズチャンピオンを獲得しました。

ST600クラスと言うとキャリパーやマスターシリンダーなどのブレーキシステムが市販車の状態から変更できないカテゴリーなので、パッドに求められる要求が高くなります。
しかも、タイ・ヤマハチームはパッドと同じく交換が認められるブレーキディスクも ノーマルを使用していたのでなおさらです。

市販品と全く同じ摩擦材を使用したパッドでの快挙は、エンドレスパッドの卓越したコントロール性能と制動力のバランスの良さを証明した結果となりました。

そのほかにも、テイスト・オブ・ツクバ葵の陣でハーキュリーズクラスGPZ1000RXに乗る松田光市選手が優勝!
モテギロードレース選手権でYZF-R1に乗るドッグファイトレーシングチームの中澤孝之選手がコースレコードを更新してオープンチャレンジ/JSB1000クラスでシリーズチャンピオンに輝くなど、様々なカテゴリーでエンドレスパッドが戦績を残し、支持され始めました。



近年では、昨年の2017年、筑波ツーリストトロフィーWCTクラスにおいて、♯1KENZ・KTM Racing松田光市選手がKTM1290SDRを駆り、全レースでポールtoウインという驚異のシリーズ完全優勝を達成!
筑波TCフォーミュラクラスではARC RACING♯2相川亨選手がYZF-R1でチャンピオンに輝いています。
ミニバイクでは、HRC GROM Cup グランドチャンピオンシップで♯17GARAGE SHANTI柳沢祐一選手がグランドチャンピオンに輝くなどビッグバイク以外でも高く評価されているのです。

2014年よりパートナーシップを結ぶGARAGE SHANTHIの若手育成の一環として、2016年よりCBR250RCUPよりクラスを上げて、ST600クラスに参戦する平野ルナ選手をENDLESSteamSHANTHIとしてサポート。

初めての参戦となった、鈴鹿4時間耐久レースでは小椋華恋選手と共にレディスペアとして挑み、63台中、総合17位と大健闘を見せました。
筑波選手権ST600クラスにおいては目標であった59秒台を刻み、2戦連続優勝を飾るなど大きく成長しています。

 

また、筑波の名物レースとして盛り上がりを見せるテイストオブツクバでは各クラスでエンドレスユーザーが大活躍しています。

最高峰ハーキュリーズクラスでは、♯71AUTOBOY&TeamJP松下ヨシナリZRX1200Rの新庄雅浩選手が3連覇!
♯51のくるま屋ユウシン&SDRのGPZ1000RXの優勝を合わせるとENDLESSユーザーが4連勝という快挙をなし遂げています。

 

2018年の皐月の陣では、モンスターEVOクラスで♯70佐伯真吾選手のZ1-Rが、ZERO-1クラスでは♯39上田隆仁選手が共にポールtoウインを飾るなど、クラスを越え、その卓越したコントロール性と制動力のバランスが高い評価を得ています。



そして、平野ルナ選手と共にTEAM ENDLESS by SHANTI SSM として全日本ロードレース選手権に今年よりフル参戦を決行!

日本最高峰の舞台でチャレンジを続けています。
初戦もてぎでは見事完走!

筑波大会では猛暑の中、果敢な走りで、18位フィニッシュを決め、見事ポイントをゲットしました。
今後の活躍にご期待ください。

また、全日本選手権筑波大会JP250クラス、レース1ではインタークラス♯92チームHIRO CBR250Rの成田彬人選手が初めての筑波のレースとは思えない素晴らしい走りで総合優勝!
総合4位につけたのは、♯35ドッグファイレーシングYZF-R25の小椋華恋選手が入り、見事ナショナルクラス優勝を獲得しました!!

これによって、インタークラス、ナショナルクラス、2クラスともエンドレスユーザーが独占。
しかも、成田選手のホンダ、小椋選手のヤマハの両方のマシンでの優勝でその適応性の高さを実証しました。

 

このように、モーターサイクル用ENDLESSパッド誕生以来、様々なカテゴリーのレースで輝かしい戦績を残し、これからも更に積み重ねられるよう、今までと変わる事無く地道に情熱を持って研究と開発を進めて参ります。

 

 

市販パッドである以上、公道における性能はとても大切な事です。
サーキットとは使用温度域や負荷が大幅に異なる状況下での性能確認の為、市街地やワインディングでも徹底した走り込みを行なっています。
たとえば雨天時、長く駐車した後などのコントロール性や耐摩耗性、混合交通の中での使いやすさなど一般のライダーの視点に立って長期テストを行い、公道でもそのパフォーマンスを安心して遺憾なく発揮出来る様にチューニングしてあります。

エンドレスパッド、製品までの長い道のり

それでは、パッドの開発から市販されるまでを簡単にご紹介しましょう。

長野県佐久市にあるエンドレス研究所では、構成物質の配合比や焼き方などを様々に変化させ製作されたテスト材をブレーキダイナモにかけて基本性能テストを行ないます。
ここで選ばれた摩擦材は、一定以上の性能は確認出来ている状態ですが、すぐに市販という訳には行きません。

数種類に絞り込まれた摩擦材は、テストパッドが製作され実車テストが行なわれます。
その中から、トータル性能の高かった物、1種類を選び出し一般路でのロングランテストを行ないます。
また、平行してサーキットでのテストも行い、前モデルや他メーカーパッドとの比較など新しい摩擦材の性能や性格を探って行くのです。

公道テストはその後、市街地から高速道路、ワインディング、雨の日の走行など様々な状況を想定して数千キロを走破して耐磨耗性などもチェックされます。
一般走行での不具合の許されない市販パッドの場合、耐候性や極低温での使用など、この工程は非常に大切なものです。

このようなテストによってたくさんの中から選び抜かれた摩擦材は、その後主要スポーツモデル用が製作され、 各メーカー系のチームやショップの協力を得て様々なフィールドで最終テストが行なわれます。

しかし、この段階まで来たからと言って市販されるとは限りません。
新素材と製法のデータ取りで終わってしまう事も多いのです。
パッドは最先端技術と新素材を投入しても、簡単に出来る物ではありません。
地道なテストの繰り返しと情熱が新たなパッドを生み出すのです。

シンタード(焼結合金)技術による制動力とコントロール性、耐久力の圧倒的な向上

エンドレスは膨大なデータと経験からバイク特有のステンレスローターにベストマッチさせる為、高性能マテリアルの代表であり、「スーパーハイブリッドシンタード」の名前の由来となった「カーボン」と「セラミック」と言う二つの素材を最適化させる事にしました。
特にセラミックは、マイルドセラミックとハードセラミックをバランスさせ、優れた制動力とコントロール性、タッチ、リリース性を高め、同時にブレーキローターへの攻撃性を抑える事にも成功した。

バックプレート一枚にも多岐にわたるこだわりの製造工程

ブレーキタッチを決定づけるバックプレートも拘りを持って製作されました。
炭素鋼という硬度の高い4mm厚の厚板(最適化を図りモデルにより3.2mm厚を使用)を使用しています。
一般的なパッドが使用するような安価な薄い鋼鈑の様にプレス型抜きが出来ない為、製作には時間とコストのかかるレーザーカットによる製作を余儀なくされました。
しかし、この製法により精度の高い素晴らしいフォルムと絶妙なタッチを生む高い剛性が得られました。

レーシング部門の完全なるフィードバックを可能とした手作業による製造環境

エンドレスの研究所内にある特殊なシンタード釜による特注製造を行なっています。非常に高い技術と製造管理を要する焼結温度や加圧など、数少ない製品に技術者が徹底して手をかける事によって、魂の宿った、ばらつきのない圧倒的な製品クオリティーが得られました。
もはや量産モデルとは呼べない、1ロット80枚、40セット、20台分という贅沢な造りです。

エンドレススーパーハイブリッドシンタードパッドの特徴

1. 指でディスクローター挟むような感覚の卓越したコントロール性
2. 効き方がとてもリニアで優れた制動力
3. 剛性感の高いタッチ
4. 驚くほどの耐磨耗性(耐久性)によるランニングコストの低下
5. ディスクローターへの低攻撃性

エンドレスレーシングシンタードPROがPROⅡに進化しました!

もはやオーバースペックと呼ばれた、スーパーハイブリッドシンタードパッドの超耐摩耗性を制動力に方向に振り、抜群のコントロール性と優れた制動力のバランスで好評を得たレーシングシンタードPRO。
しかし、世界一ブレーキに厳しいと言われるツインリンクモテギサーキットの様な高温、高負荷下で使用されると、状況によっては大きく摩耗することが報告されました。
そこで新しいミッションとして、レーシングPROの耐熱性を上げ高負荷時の耐摩耗性を上げると言う研究と開発が始まりました。
素材や製法などを徹底して見つめ直し、レーシングPROの後継モデルとしての各項目の性能はもちろんの事、官能性能までも高めつつ、耐熱性と耐摩耗性を高める作業は困難を究めました。
試作品をブレーキダイナモでテストし、選ばれた摩擦材を実車でテストする工程を何十と繰り返し520番という摩擦材へとたどり着きました。
茂木や筑波での実戦投入テストでは優勝や入賞を果たし、公道テストでも扱い易く安定したコントロール性を確認出来たので「レーシングPROⅡ」として市販する事となりました。
また、大幅に耐摩耗性が上がった為に適合機種のラインナップも拡大しての販売と致しました。
コンペティション向けパッドという事で、ワンメイクレースの盛んなKTMのスモールDUKEシリーズに対応するEMP036RⅡをはじめ、JP250クラスで活躍するR25、CBR250RR、Ninja250Rなどに対応するパッドにもPROⅡを新設定いたしました。
レーシングシンタードPROⅡはベーシックモデルのスーパーハイブリッドシンタードのコントロール性や扱い易さはそのままに、全体に効力を高めたモノですので、公道でもその優れた性能を発揮することが出来ます。
お乗りのマシンやブレーキシステム、走るスチュエーション、効きのフィーリングの好みに応じてチョイスされることをお薦めいたします。
新たなステージへと昇華したレーシングPROⅡをご体験ください!